LL歌詞辞典

~歌詞・言葉の意味の紹介~

【歌詞】いよわ『さよならジャックポット』feat. 初音ミク, flower|LL歌詞辞典


)
こんにちは!

今回は いよわ さんの『さよならジャックポット』の歌詞を紹介していきます! 

www.youtube.com

 

歌詞全文

 

作詞:いよわ

「さよならジャックポット」

 

 

 

おんぼろゴミのスロット

多分 人生はそんなの

はした金をBET

きっと 当たらないものだから

くだらないって

ゲームのひとつだろ

結果は

見れたものじゃないけど

 

ようやく覚えた芸で

苦く 稼いだ身銭で

インスタントな夢を

デコって

くっつけて

バラまいた

人嫌いの 私だけの物

愛せる物が あっただろう

 

ジャックポットなんて

ここには無いので

冷えてほしい跡

知ってほしいから

心の中だけで

中指立てているのさ

負け犬のマーチのテンポは

いくら崩してもバレやしないさ

死にゆく その時

光るものがあれば

いいのだろう

 

あなたの滑稽な顔を拝みたい

あなたの滑稽な顔を燃やしたいのさ

 

根っこの深く巣食った

111輪のシロツメクサ

魔法の呪文 It’s not for me.

体にガタがきてんだ

無理矢理 積みあげた時には

何の意味も無くなってた

 

もう

時計の針は 逆には進まない

塵も残さず 消えてしまいたいから

真っ赤な 目の下は

見せないように 歩くの

昇らぬ 朝日を踏みつけ

今はただひとり 静寂の闇から

じっと身を潜めて 息を殺すだけだ

 

身ひとつ

心ふたつ の 私は

帰りの切符も無いまま

遠すぎる場所に来てしまったのかな

分岐する道も

すれ違う未来

またひとり ひとり

ひとりずつ 客が降りていく

人生急行だ

 

悪意の中で もがくわ

三途の川と 彼岸花

寒すぎる場所に

来てしまったようだな

思い出すのは いつも

小さく輝く コインの絵柄だけ

いちばん キレイな記憶だけだから

 

「一生 私たちは

呪いを抱えて、

文明の星で、

草木を 枯らして

生きていくしかないんだ。」

 

お別れの前に 一言お礼を

泥棒たちにも 汚い花束を

 

笑って

 

さあ

我らが誇りの看板に

泥ぬって ツバ吐いて

逃げてった奴らに

爆笑のスタンディングオベーションを

うしろから 浴びせる時に

負け犬のマーチのアウトロ

きれいなピアノが聞こえてくるんだ

死にゆくその時

光るものがあれば いいのだろう

 

バイ バイ バイ

以上で今回の記事は終わりです!

ミス・感想・ご意見などありましたらぜひコメントをお願いします。

ありがとうございました!